上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶によく効く!本の読み方ドリル記憶によく効く!本の読み方ドリル
(2010/01/09)
園 善博

商品詳細を見る


またまた速読関連の新刊です。
フォトリーディング受講者であれば知らない人はいない(はず?!)の、園 善博氏の速習法の本。
前回の「頭がよくなる魔法の速習法」とかなり似通った内容となっていますが、こちらは速習法の解説のみではなく後半がドリルとなっています。
また、読書法のみならず、手を使ったちょっとしたエクササイズや眼のトレーニング、イメージトレーニングや集中力のトレーニングといった内容まで盛り込まれており、いつもなら「本を読んで満足だけしてしまう」(書いてあることを知識として貯蓄するだけで、実践しない)人でも、すぐに実践が行いやすい形式になっています。
内容も2ページ見開き単位で書かれているので、今まで読書が苦手だったりなかなか本が読めなかった人でも読みやすいようになっています。
(著者自身が読字障害[ディスレクシア]を克服した経験があるせいか、この著者の本の「読書が苦手な人へのアプローチ」は目を見張るものがあります。いつもながら感服)

読字障害の著者が、年間3000冊以上もの本を読めるようになったその方法とは?
それが、脳科学、認知心理学に基づいた「速習法」メソッド。
速習法とは、どんな人でもすらすらと本が読めるようになるのはもちろん、読んだ本をしっかり頭に記憶する読書法です。
本書は、著者の超人気セミナーを、分かりやすくイラストで解説!
書き込み式なので、今すぐ実践できるうえ、能力アップトレーニングで、毎日の脳トレにも役立ちます。
「読んでも内容をすぐ忘れてしまう」そんな読書をしている方、
読書の目的に合わせて、記憶によく効く!本の読み方を、本書でご紹介します。

内容
・「速習法」と「速読」の違い
・速習法の最強理論
・忘れても気にしない、記憶のメカニズムを知る
・速習法を成功に導く、プリペアードマインド
・知識量に応じて使い分ける4つの速習法
・数字をどうやって記憶する?
・一瞬、見ただけで記憶するプライミング効果とは
・イメージ力の強さと、本の理解力は比例する
・パラパラ読みで、理解力がグンとアップ
・・・・などなど。

amazonより引用

おすすめ度: ★★★★☆
実用性: ★★★★★
【2010/01/18 21:39】 | ビジネス書
トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - 超実践型読書術!『本の読み方ドリル』

  • NLP速読術
    NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~


    速読関連の新刊本、「NLP速読術」。
    内容がすっきりまとまっており、要所要所で図解で解説してくれていて、非常にわかりやすく読みやすい感じに仕上がってます。
    中身は、目的意識を持ってから全体を眺め、その後自分のポイントのみすくいとって読むという、いわばフォトリーディング+NLPの活用といった感じ。
    とはいえ、NLPを全く知らない初心者でもわかるように書いてあるので、速読のみだけでなくNLPの基礎の部分も把握できるので、非常にお得な一冊だと思います。
    自分の中では「あなたもいままでの10倍速く本が読める」「王様の速読術」「魔法の速習法」と並んで、速読のバイブル本となりそうです(笑)


    ●NLP速読術を実践して得られるメリット

    本書を使うことで、驚くほどの効果があります。

    ・山積みだった本が一気に片付く
    ・本を読むことが苦ではなくなる
    ・1カ月の情報量が10倍以上になる
    ・読んだ内容が、記憶に強く残る
    ・人に話したり、実行したりするアウトプット力が身につく
    ・資格試験など勉強の効率がアップする

    つまり、本から得るリターンを最大化することができるのです。さらにNLPの技術も学ぶことができるので、自己のコミュニケーション力を高めることにもつながります。

    NLPは誰にでも実践できるテクニックばかりです。
    だからこそ、世界中で多くの人が学び、実践されています。

    あなたも一度NLP速読術の世界をのぞいてみてください!

    amazonより引用。

    おすすめ度: ★★★★☆
    実用性: ★★★★☆
    【2010/01/15 10:59】 | ビジネス書
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - 加速学習のバイブル!『NLP速読術』

  • 昨日思い立ち、まとめて買ってきたドラゴン桜を今日全巻読んでみました。
    まず思ったことが、内容が素晴らしい。さらにこれがマンガであることも良いと感じました。
    というのも、マンガは絵+ストーリー形式で語られるので、文章で読むだけよりも遥かに内容が頭に残りやすいからです。この本で語られているノウハウをすぐに忘れてしまうのはもったいない。
    ぜひこのシリーズは学生のみならず、何か新しい勉強を始めようとしている人や、資格試験に向けて勉強中の人にも読んでいただきたい内容です。
    ストーリーが単純明快で分かりやすい、東大関連の話は興味がなければスッパリ読み飛ばしてしまっても内容は理解できるので読みやすい本だと思います。
    今回は誰にでも応用できる&印象に残ったフレーズをいくつか紹介します。
    この本を読んだら、すぐに何か勉強がしたくなること必至ですよ!

    ドラゴン桜 (01)

    歯を磨くように勉強しろ!


    一度歯を磨く習慣が身についてしまえば、食後や寝る前に歯を磨かないと気持ち悪いと思うようになりますよね。
    これを勉強に応用する。つまり毎日同じ時間や、同じリズムで勉強を続けそれを習慣化しその時間に勉強出来ないと落ち着かないような習慣を体に植えつけること。
    人は大体2週間、それを毎日同じ時間に続ければ習慣化するようです。
    CMでもありますよね、「まずは14日間」。どうやらとても意味がある数字なようです。

    受験生が持つべきは単語帳ではなくて手帳だ!


    自分なりの手帳を用意して、毎日の勉強の記録をしていく。出来ればカラフルに!
    これは反復させて勉強する効果を望むものではなく、この手帳を後々見返したときに「自分はこれだけ勉強したんだから大丈夫だ!」と視覚的に自分に見せ付けることで、自分に自信を持たせることができます。
    言葉だけではなかなか人は納得しませんが、こうやって視覚的に見せることで自分を納得させプラス思考に入ることができます。
    これに関しては15巻に詳しく載っているのでぜひ読んでみてください。

    自分のために勉強する人が成功する


    「親がこの大学に入れっていうから」「会社がこの資格を取れって」
    もちろん、キッカケとしては上のようなものが多いのは当たり前だと思います。
    が、そこを鵜呑みにせずあくまで自分自身に置き換えて本当に「自分のために」この学校に行きたい、この資格を取りたいと思えるようになればゴールラインがぐーんと近くになるはずです。


    追記を閉じる▲
    【2009/10/04 23:56】 | ビジネス書
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - 勉強本や自己啓発本10冊以上の効果?!ドラゴン桜シリーズ!

  • 勝間和代さんの新刊。
    インターネットメディア、主にブログを用いた情報発信を行うことで目立ち、そして自分の夢の達成に近づこうということを説いた本です。
    面白いブログを書くための20のルールやネタ探しのヒント、他ブログとの差別化、どのようなアピールを行うか?など、ブロガーならぜひ一度は読んでおきたい一冊。
    実際に自分もこの本を読んで、くだらないことでもいいから、毎日ブログを書こう!という決心にまで至りました。
    目立つ力


    ネタは新鮮度で勝負!


    寿司屋が一週間も一ヶ月もネタを使っていたら、その店は確実にお客さんが来なくなって潰れますよね。
    ブログのネタも鮮度が勝負。
    わたしたちユーザーも常に新しい商品やモノ、流行を追い続けるのが世の日常。
    それならば、新商品は新しい情報など、皆が求めていてなおかつ情報がまだ少ないものは確実に需要があるもの。
    つまり、毎日1エントリーずつでも新しい情報を発信することが出来れば、それだけで読み手の興味にマッチする可能性も増えてきますね。

    Give & Give & Give & Give & Giveであれ!


    一般的にビジネスの基本はGive & Take。
    もちろん、ビジネス以外でも何かやるからには見返りを求めたくなるのが人情。
    その考えをがらっと変え、目先の見返りを求めずにひたすら与え続ける!
    これこそが長続きのコツだと説いています。
    見返りを求めずにひたすら与える精神で情報を発信し続けることで、結果として自分に意外な形で見返りが帰ってくるということですね。
    Give & Give。常に与え続ける人であれ。自分もそうありたいと思います。


    追記を閉じる▲
    【2009/10/04 23:26】 | ビジネス書
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - ブロガーやツイッターユーザー必読!「目立つ力」

  • 私の敬愛する勝間さんの本です。勝間さんの本はどの本を見てもわかりやすく書かれていて、読み手としては非常にうれしい限りなんですよね。
    図やイラストも入っているので、わかりやすいです。
    起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術


    フォトリーディングの目的


    本質をつかむ方法

    トリガーワード


    ・仮説
    ・オーバーポジティブ
    ・潜在意識
    ・三毒追放
    ・絞り込む
    ・捨てる
    ・チャンス
    ・4つのダイヤ
    ・バランスシート
    ・自己肯定
    ・オーディオブック

    質問


    Q1.どのようにして本質を見つけるか?

    Q2.潜在意識をどう活用するか?

    Q3.どのようにして「捨てる」のか?

    気づき・質問に対する答え


    A1.やらないこと、捨てることを決め、引き算的に物事を絞っていく。
    捨てることで1%の本質に近づいていける。

    A2.フレームワークを潜在意識にスキーマとして貯めていき、概念の塊として落とし込む。
    また、それらをタグ付けして、いつでも引き出せるようにする。

    A3.5つの技術を活用する。
    1: 自分の強み・弱みを理解する
    2: フレームワークと「ラベリング」を活用する
    3: 数字でシンプルに考える
    4: ラテラル思考で広げる
    5: ディープスマート力で深める
    【2009/10/01 23:27】 | ビジネス書
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - 起きていることはすべて正しい

  • フォトリーディング受講後初の投稿。暫くはこのフォームに沿って書いていこうと思います。
    今回はシンプルマッピングで御馴染み、松宮義仁さんの「A6ノートで読書を超速化しなさい」です。
    実は発売直後に買ったけれど、なかなか読めず積ん読になってた本です。
    この方の読書法も、「目的意識を明確にする」ことを強調しており、自分自身も目的を明確にすることの重要性を再認識しました。
    A6ノートで読書を超速化しなさい


    フォトリーディングの目的


    どのようにして超速化するか?

    トリガーワード


    ・5分間マジック
    ・思考のツール
    ・ブラックボックス
    ・スキャン読み
    ・インスタント速読
    ・セカンドオピニオン
    ・アマゾン検索
    ・同ジャンル多読
    ・ケーススタディ
    ・サブノート
    ・アウトプット
    ・A6ノート
    ・目的マップ

    質問


    Q1.どうすれば超速を保ちつつポイントだけを拾えるか?

    Q2.どのようにしてノートにまとめるか?

    気づき・質問に対する答え


    A1.テーマ毎の中の、必ず覚えておきたいことだけすくい取る。
    そのほかの部分は捨てるということ。
    積極的に捨てることで本質に近づける。

    A2.わかりやすくキーワード化してまとめる。
    人に説明することを意識して書くようにする。
    また、まとめるときには
    ノートの右側にはポイントを、
    ノートの左側にはアイデアや自分の意見や考え、気づきを書くようにする。
    最後に左上に本の情報や著者名を書いておく。

    a6reading.jpg

    【2009/10/01 23:06】 | ビジネス書
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - A6ノートで読書を超速化しなさい

  • 独学でフォトリーディングを習得する!と掲げていたのですが、一向に習慣化できずなかなか習得とまでは行かなかったので、
    先日、フォトリーディングの集中講座に参加してきました。

    私が参加したのは寺下和也先生の集中講座です。
    ちなみに私が寺下先生を選んだ理由は「右脳開発の専門家であること」に惹かれて選びました。
    先生はしきりに、「この講座は自動車の教習所みたいなもの」と仰っていました。
    たしかに、フォトリーディングは他の速読と違って「体全体を使って」本を読む技術なので、かなり的を射ているたとえだなと感じました。
    概念や技術だけ理解しているからといって、実際に出来るかどうかは別の問題ということですね。

    集中講座は10万5000円(懇親会も参加したので+4000円)と非常に高価なものなので躊躇っていたのですが、
    結論から言うと非常に有意義なセミナーであり、参加して良かったと、そして寺下先生の講座を選んで良かったと私自身は思っています。

    今回は、講座に参加しての気づきと得たことを自分なりにまとめてみたいと思います。

    あなたもいままでの10倍速く本が読める

    一番大事なのは常に目的意識を持つということ



    自分の現状のレベルから大幅にかけ離れた本は、普通に読んでも理解出来ないのと同じように、フォトリーディングしても理解は出来ない。



    まず良くある誤解の一つだと思います。自分自身もそう勘違いしていました。
    確かに、フォトリーディングをして潜在意識に送り込むことができれば多少は馴染み感が出来て読みやすくなるかもしれません。
    が、読みやすくなるのと理解できるかどうかはまた別の話。つまり
    普通に読んで理解出来ないレベルの本はフォトリーディングしても理解出来ない
    ということです。これで今まで我流でやっていたフォトリーディングでの壁が一つ壊れたと感じました。

    余談ですが、その分野における今の自分の理解度のレベルを知るには、何らかの手段でアウトプットして見るのが確実です。
    例えば、その知識を相手に分かるように説明できるか?それを実践できるか?
    アウトプット出来ないものである場合は、その分野において高レベルの理解をしている人、もしくはしていると思われる人に自分の今のレベルはどれくらいか聞いてみることです。

    10代・20代よりも30代以上で様々な経験をしている人の方が習得しやすい


    これはあくまで自分が感じたことです。
    なぜそう感じたかというと、フォトリーディングをしてスキタリングやスーパーリーディングのときに、自然と本の行間も読むことになるわけですが、
    自分も含めて10代20代では知識の量、そして圧倒的に経験が少なく、行間を読めるほどのバックグラウンドが存在しないからです。
    なので、 30代以降になって様々な経験が記憶・知識として定着してからの方が習得しやすいんじゃないかな私は感じました。
    フォトリーディングの講師の方のほとんどが30代・40代で習得出来て講師になられたのも、なんとなく納得がいく気がします。

    自分の能力を疑わないこと・実践してみることが大事



    追記を閉じる▲
    【2009/09/23 22:38】 | ビジネス書
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - フォトリーディング集中講座の感想・気づき

  • 今日の本は「仕事満足度」120%マガジンことTHE 21。
    今回は読書術・勉強法特集だったのでつい買ってしまいました。

    読書術はフォトリーディングでお馴染みの神田 昌典氏やキヤノン電子社長の酒巻 久氏など、
    数々の成功を収めてきた方や企業のトップとして常に最先端を歩んできた方々へのインタビューを中心としたものです。
    かなり濃いインタビュー内容でありながら、雑誌なので550円と非常に安価なのもうれしい。

    ネタバレになりすぎない程度に、自分が参考にしたいと思った項目をかいつまんでご紹介します。

    THE 21 (ざ・にじゅういち) 2009年 10月号 [雑誌]

    Amazonなら!今だけ

    「精神の糧」となる名著を何度も繰り返し読み、読んだ時期によってマーカーの色を変える
    SBIホールディングス(株)代表取締役執行役員CEO 北尾吉孝

    最初に読んだ時は黄色、2回目は緑という風に、同じ本を読んだ時期によって違う色のマーカーで線を引く。
    なぜなら、同じ本を読んでいても時を経て自分が成長することによって、ここが大事だと思える場所が変わってくるから。
    あとで読み返すときにそれを確認しやすくなり、自分が成長していることを視覚的に確認できる。


    新卒で就職してから二十七歳ぐらいまでのあいだは、マネジメントやマーケティング、ファイナンスやアカウンティングについての実務書を読むことで、ビジネスに携わるうえでベースとなる知識を、しっかり身につけておくべきでしょうね。
    ALMACREATIONS 取締役オーナー 神田昌典

    ビジネス・テクニックの羅列されたノウハウ本に頼るのではなく、骨があるような実務書を読み込むことで本当の意味での基礎力を身につけておくことが大事。


    読んで面白かった本は周囲に積極的に勧める。
    「人に勧めると、『私はこんなふうに読んだ』『こんな考えかたもあるのでは?』と、意外なフィールドバックがもらえることが多いんです。」
    ライフネット生命保険(株)代表取締役社長 岩瀬 大輔

    読んだ本を人に勧めることで、自分と違った視点からのフィードバックがもらえること、
    また、人にその本の内容を他人に説明する過程を経ることで自分のその本の理解度を認識することができ、また、自分がまだ理解しきれていない部分も明確になる。


    仕事に直結するような本ばかり読んでいては視野は広がりませんし、誰もが考えるような凡庸なアイデアしか生み出せませんから。
    いいアイデアというのは、仕事にまったく役立たたなそうな本から生まれることが多いんです。
    (株)インスパイア取締役/ファウンダー 成毛 眞

    何の脈絡もない複数のジャンルの本を同時に並行的に読む。
    そうすることによって自分の今抱えている問題を別の視点から見えやすくなる。


    まだ成長途中にあるビジネスマンなら、論拠が穴だらけで少し怪しいビジネス書が面白いと思います。
    なぜなら、身が薄めの本だと、読みながら「ほんとうかよ」「それは違うだろ」と思わず突っ込みを入れたくなります。
    それがかえって頭のトレーニングになるからです。
    カリスマ・ブロガー 子飼 弾

    どうしても読みたくないけど、読まなくてはいけない本を読むときにも有効な手法ですね。
    本に書いてある内容にいちいち突っ込みを入れて読むことで、興味を持つことができ、また、著者と対話しているような感覚になるので読みやすくなります。

    THE21.jpg


    追記を閉じる▲
    【2009/09/20 17:27】 | ビジネス書
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - THE21 成功する人の「本の読み方」はどこが違うのか?読書術特集!

  • 最近Twitterが流行ってますね。
    私は登録した直後はよく使い方が分からず、ほとんど使わずに半ば放置していたのですが、
    色々な連携サービスにも登録して、最近になってかなりヘビィに使うようになりました。

    最近のアンケートだとこんな結果がありました。
    2度目にハマると言われているTwitter(47%)
    英語圏でも日本語圏でも、よく「Twitterは2回目からハマル」と言われています。
    一度すすめられたり、新しい物好きでTwitterに登録して使ってみるものの、そこまでおもしろいと思わないのでしばらく放置します。ところがある日ふと再度使ってみたら、ハマってしまうことが多いということです。
    「ついーたーアンケート」でも実に47%の方が「最初はつまらないと思ったのにいつのまにかハマっている。」と回答しています。
    Twitterユーザーの47%は最初はくだらないと思っていたのにいつの間にかハマり、10%は中毒者に【アンケート結果】

    私もこの中に含まれる一人ということになります。(笑)
    Twitter初心者のためのサイトは既に多数ありますので入門的なことは書かず、今回は、このTwitterの一体どこが面白いのだろうと自分なりに考えてみました。

    最近は無意識のうちにiPhoneのTwitter(私はTweetDeckを使ってます。このツールもTwitterで教えて頂きました)の起動してしまうほど半中毒者になっているので、「何かに活用するために」という目的意識を考えたことがなかったのですが、ざっと下記のことが挙げられました。

    ☆自分のそのときの行動や思想をつぶやくことで頭の中にではなく「形として」残して置くことが出来る
    (ライフログ・メモ的な活用)

    ☆ブログよりも気軽かつ簡単に情報を伝えることが出来る
    (情報発信としての活用)

    ☆自分と似た趣味・思考の人を探し、フォローすることでウォッチすることが出来る
    (観測的活用)

    ☆@を使って相手と会話。ゆるーい繋がり上での「友達」が出来る
    (コミュニケーションツールとしての活用)

    ☆最新のニュースや情報、流行をある程度(2chよりは)正確かつリアルタイムに把握するが出来る
    (情報収集としての活用)

    ☆著名人のリアルタイムのつぶやきが自分のタイムライン上に表示されることでの親近感が沸く・会話が出来る
    (モチベーション向上活用)


    そしてなにより

    つぶやくことが楽しい

    ライフログ・メモ的な活用


    自分がそのとき感じたことや必要だと思ったことをメモとして残しておく、そういった「メモ帳」としての使い方。
    それも非常に有用だと思います。また、自分の今いる場所も逐一書いておいたり写真も載せることができればそれだけで「ライフログ」が出来上がりますね。
    そういったライフログは後から見直すだけでも面白いものですし、そのときの記憶を想起させることで脳に良い刺激にもなります。
    また、Twitterで「寝る」と「起きた」とつぶやくだけで自分の睡眠時間の記録を自動でしてくれるツールなんてのもあるらしい。

    情報発信としての活用


    たとえば、自分がとても気に入ったサイトがあって、それを是非他の人にも見てもらいたい!
    と思ったときの情報発信の手段として、ブログが挙げられますね。
    ただ、ブログを書くとなるとそれなりに文章を書きたくなるものですし(コメントを1行書いてURLを載せるだけじゃなんかブロガーとしてしのびなく感じるものです)、その書き込みに対してのリアルタイムのコメントはなかなか確認出来ないもの。
    Twitterならブログに投稿する以上に簡単かつリアルタイムにそういった情報の発信が出来ます。
    また、自分に発信した情報に対するコメントがリアルタイムに帰ってくるのもうれしいものです。

    観測的の活用


    自分と似た趣味の人ををいっぱいフォローしておくと、タイムラインを眺めるのが非常に楽しくなります。
    また、同じ資格を目指している人を登録しておけば、どんな生活の中で勉強してるのかなとか、どんな思考を持ってる人なのかなとか色々と考えたり参考になることも多く、おすすめです。

    コミュニケーションツールとしての活用


    これがやはりTwitterの一番のウリだと思います。
    ゆるーい繋がりの中で友達が出来、さらにその友達から新しい友達へとつながって行く。

    情報収集としての活用


    リアルタイムのニュースは、新聞よりも速く得られることが多いです。
    newsばかりをつぶやくBOTも複数あるのでそういったのをフォローするのも手。
    また、自分が今いる場所近辺のつぶやきだけを見る機能(nearby)があるクライアントもあるのでそういうのを使いながらイベントに参加したりするのも面白いと思います。
    さらに、情報収集という観点でいえば、FriendFeedやはてなブックマークとの連携をすると情報収集の効率が格段に上がります。
    ちょっと最初の設定が面倒かもしれませんが、興味のある方こういったところを参考にしてみてください。
    いま一番新鮮な情報集約ツールFriendFeed

    モチベーション向上としての活用


    有名人(芸能人や政治家、社長や元社長など..海外だとオバマ大統領なんかも)で利用している人も大勢いるので、
    そういった人々をフォローして、普段上に立つ立場の人の視点でのつぶやきを見るのも面白く、また仕事などのモチベーション向上に繋がると思います。
    また、個人的に注目しているのが音楽家の広瀬香美さん(@kohmi)。
    この方は(失礼かもしれませんが)かなり天然ボケの入ったつぶやきを連発していて、見ていて非常に和みます(笑)


    このように、使い方は人それぞれですが、ブログと違い毎日更新しなきゃという強迫観念を感じることがないので、一度使い始めたら使いやすくハマりやすいサービスだと思います。
    そして、利用していて何より感じるのが

    つぶやくことが楽しい

    まだTwitterを利用したことがない人も、ぜひこの「つぶやく楽しさ」を味わっていただければと思います。

    ちなみに私のTwitterのアカウントはy_rincaです。
    興味がありましたら、是非是非登録してやってくださいm(_ _)m


    追記を閉じる▲
    【2009/09/04 19:42】 | 未分類
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - Twitterとの付き合い方 - 自分なりの活用法のまとめ -

  • やる気に関する驚きの科学
    (1) 20世紀的な報酬、ビジネスで当然のものだとみんなが思っている動機付けは、機能はするが驚くほど狭い範囲の状況にしか合いません。
    (2) If Then式の報酬は、時にクリエイティビティを損なってしまいます。
    (3) 高いパフォーマンスの秘訣は報酬と罰ではなく、見えない内的な意欲にあります。自分自身のためにやるという意欲、それが重要なことだからやるという意欲。

    If Then式の報酬は、このような作業にはとても効果があります。単純なルールと明確な答えがある場合です。報酬というのは視野を狭め、心を集中させるもの です。報酬が機能する場合が多いのはそのためです。だからこのような狭い視野で目の前にあるゴールをまっすぐ見ていればよい場合には、うまく機能するので す。しかし本当のロウソクの問題では、そのような見方をしているわけにはいきません。答えが目の前に転がってはいないからです。周りを見回す必要がありま す。報酬は視野を狭め、私たちの可能性を限定してしまうのです。

    ~~が成功したら高い報酬をあげる、という一般的に行われているビジネスでの報酬は、単調作業や明確な答えがある業務では高パフォーマンスを発揮させることが出来るが、
    逆に、ひねった問題を解決したり、広い視野で物事を見なければならない業務の場合では(高い報酬がプレッシャーとなり)望んだ結果を得ることが出来ない。

    ではどのようにすれば難解な業務で高パフォーマンスな結果を引き出すことが出来るか?
    それは、アメとムチのような方法ではなく、内的な動機付けによって業務に当たらせること。
    つまり、自分からどうしてもそれをやりたい!それをすることが好きだからやりたい、という気持ちを湧き上がらせ、その気持ちにのっとり業務を行う。
    では如何にして自分の中の気持ちを鼓舞し、どうしてもやりたい!という所まで高めるか。。
    そこがこれからの課題ですね。上記のサイトの例として挙げられているような「今日1日好き勝手にやっていいよ」みたいなことを日本で行っている企業は少ないでしょうし。
    (Yahoo!Japanでは確かHackDayという名の似たようなイベントがあった気がしますが)
    【2009/09/03 02:39】 | 未分類
    トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - やる気に関する驚きの科学 まとめ。
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。