上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

私の敬愛する経済評論家兼公認会計士の勝間和代さんの著書です。
この本は、ITツールや新しい道具をいかに使いこなし、勉強を続く仕組みを作るか、ということに特化したノウハウ本です。
以前は自分も「睡眠時間を削り、朝早く起きて勉強しよう」と意気込んだこともありましたが、目的もあいまいなままの決意が続くはずもないどころか、一度も実現出来た試しがありませんでした。
ですが、ITツールを活用することなら自分の得意分野。
オーディオブックやPodcastを活用する方法は誰でも気軽に試せそうです

著者の紹介


勝間和代(カツマカズヨ)
東 京都生まれ。経済評論家(兼公認会計士)。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得した後、 21歳で長女を出産。在学中から監査法人に勤めるが、ワーキングマザーとしての働きにくさから外資系企業に転職。以後、アーサー・アンダーセン(公認会計 士)、マッキンゼー(戦略コンサルタント)、JPモルガン(ディーラー・証券アナリスト)を経て、経済評論家として独立、生活感覚と専門知識を共に持つの が特徴。男女共同参画会議「仕事と生活の調和に関する専門調査会」委員。会計・ファイナンス及び少子化・ワークライフバランス問題に特に強い。WSJ、 FT、ビジネスウィークなど海外メディアにもコメントが多く掲載されている。2005年、ウォール・ストリート・ジャーナルから、「世界の最も注目すべき 女性50人」に選ばれる。2006年、エイボン女性大賞を史上最年少で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

経歴だけ見るとかなり華やかに見えますが、それ以上に苦労されてる方だなーって感じます。
最近はtwitterにも手を出されたようで。ちなみに私がtwitterをはじめるキッカケになったのも勝間さんでした。

もくじ
年収10倍アップ勉強法―基礎編
なぜ勉強するのか?
なぜ勉強が続かないのか?
まずは道具を揃えよう
勉強の基本的なコツを知る
目でする勉強―本・新聞・雑誌・ネット
耳でする勉強―オーディオブック・音声コンテンツダ ウンロード
目と耳でする勉強―セミナー・DVD/学校に行ってみる
基礎編のまとめ―「勉強の仕組み」を投資しながら組み立てる

年収10倍アップ勉 強法―実践編(何を勉強すればいいのか?)
英語―めざせ、TOEIC八六〇点
会計―「さおだけ屋」を超える知識とは?
IT―みんなに頼られるエキス パート
経済―日経新聞の裏を読める
転職―身につけたものをお金にしよう
資産運用―勉強内容が収入に直結する
さぁ、スケジュール帳に予定を入れま しょう


なぜ勉強をするのか?


最近勉強本ブームですよね。じゃあ逆に、勉強本が売れているのでしょうか。
勉強本を買う人はみんなそれぞれ目的を持っているはずですね。
たとえば、業務内の高度資格を取得して収入を上げたい、幅広く活用するスキルを学びたい、今より勉強する時間を減らすために効率的な勉強法を学びたい・・・などなど。
これらの目的に共通するものってなんでしょう?

おそらくそれは、自分が幸せになりたいと思う気持ちが根底にあるからこそ生まれる目的だと思います。
つまり勉強とは自分が幸せになるための投資の一つということになります。

勉強が続かない・・・


誰でも一度は悩むことだと思います。
始めのころにあれほどやる気満々にやるぞ!、と意気込み固く誓ったはずなのに、3日もするとすっかり忘れてやらないまま。
この繰り返しではいつまでたっても勉強は続きませんね。
なぜ勉強が続かないか。
それは必然性がないからです。
例えば、「一週間以内にSNSの傾向と新規開拓要素の可能性についてのレポートを提出しなければキミはクビだ!」などと課題が出され、それに急き立てられる状況になれば死に物狂いで勉強することでしょう。
これほど極端な例でなくても、例えば会社で強制的に受ける試験などを利用するのも手です。

必然性がないのであれば、作ってしまうのも一つの手です。
どういうことかというと、例えば金銭的な投資をすることです。
数万円程度の高額な教材やセミナーを「自分のお金で」申し込んむことで、利用しなければもったいないという気持ちを煽り自分を追い込むのも良い方法です。
難点はもちろん、お金がかかるということですね。

あとは、常に自分の成長が"数値"として見える仕組みを作ることが良いと思います。
例えば英語であればTOEICなどを受験することで、自分の現状が得点という"数値"になってみることが出来ます。
また、定期的に受験することができれば、前回受験したときよりも得点があがったぞ、と自分の成長を確認することもできますね。

勉強における正のスパイラルを作る


資格試験に向けた勉強などではインプット重視の勉強になりがちですが、
過去問や模擬試験を利用することでアウトプットの機会を作り、無理やりにでもインプットとアウトプットの比率を1:1に近づけることが大事です。なぜなら、自分で考えてアウトプットをすることでインプットされた知識が定着しやすくなるからです。

例として、正のスパイラルを私の今勉強している「スタイルシートでのWebデザイン」で紹介してみます。

OUTPUT→自己流のデザインでページを作る
INPUT→本を参考にスタイルシートチュートリアルサイトを作ってみる
OUTPUT→チュートリアルで学んだ情報を自分のページに活用出来る部分を考え、適応させてみる
INPUT→さらに高度な部分や細かな部分でのデザイン技法を学ぶ
OUTPUT→学んだ知識を元にページの細かな部分を作り変えてみる

こんな感じに、OUTPUT→INPUT→OUTPUT→・・・を繰り返すことを習慣化することができれば、かなり効率的な勉強が出来るようになるはずです。
この正のスパイラルを作るときのコツは、最初はアウトプットから始めるということです。
アウトプットから始めることによって、自分が学ぶべき情報や箇所を感覚として掴み取れるからです。

benkyo10bai.jpg


追記を閉じる▲

著者の紹介


勝間和代(カツマカズヨ)
東 京都生まれ。経済評論家(兼公認会計士)。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得した後、 21歳で長女を出産。在学中から監査法人に勤めるが、ワーキングマザーとしての働きにくさから外資系企業に転職。以後、アーサー・アンダーセン(公認会計 士)、マッキンゼー(戦略コンサルタント)、JPモルガン(ディーラー・証券アナリスト)を経て、経済評論家として独立、生活感覚と専門知識を共に持つの が特徴。男女共同参画会議「仕事と生活の調和に関する専門調査会」委員。会計・ファイナンス及び少子化・ワークライフバランス問題に特に強い。WSJ、 FT、ビジネスウィークなど海外メディアにもコメントが多く掲載されている。2005年、ウォール・ストリート・ジャーナルから、「世界の最も注目すべき 女性50人」に選ばれる。2006年、エイボン女性大賞を史上最年少で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

経歴だけ見るとかなり華やかに見えますが、それ以上に苦労されてる方だなーって感じます。
最近はtwitterにも手を出されたようで。ちなみに私がtwitterをはじめるキッカケになったのも勝間さんでした。

もくじ
年収10倍アップ勉強法―基礎編
なぜ勉強するのか?
なぜ勉強が続かないのか?
まずは道具を揃えよう
勉強の基本的なコツを知る
目でする勉強―本・新聞・雑誌・ネット
耳でする勉強―オーディオブック・音声コンテンツダ ウンロード
目と耳でする勉強―セミナー・DVD/学校に行ってみる
基礎編のまとめ―「勉強の仕組み」を投資しながら組み立てる

年収10倍アップ勉 強法―実践編(何を勉強すればいいのか?)
英語―めざせ、TOEIC八六〇点
会計―「さおだけ屋」を超える知識とは?
IT―みんなに頼られるエキス パート
経済―日経新聞の裏を読める
転職―身につけたものをお金にしよう
資産運用―勉強内容が収入に直結する
さぁ、スケジュール帳に予定を入れま しょう


なぜ勉強をするのか?


最近勉強本ブームですよね。じゃあ逆に、勉強本が売れているのでしょうか。
勉強本を買う人はみんなそれぞれ目的を持っているはずですね。
たとえば、業務内の高度資格を取得して収入を上げたい、幅広く活用するスキルを学びたい、今より勉強する時間を減らすために効率的な勉強法を学びたい・・・などなど。
これらの目的に共通するものってなんでしょう?

おそらくそれは、自分が幸せになりたいと思う気持ちが根底にあるからこそ生まれる目的だと思います。
つまり勉強とは自分が幸せになるための投資の一つということになります。

勉強が続かない・・・


誰でも一度は悩むことだと思います。
始めのころにあれほどやる気満々にやるぞ!、と意気込み固く誓ったはずなのに、3日もするとすっかり忘れてやらないまま。
この繰り返しではいつまでたっても勉強は続きませんね。
なぜ勉強が続かないか。
それは必然性がないからです。
例えば、「一週間以内にSNSの傾向と新規開拓要素の可能性についてのレポートを提出しなければキミはクビだ!」などと課題が出され、それに急き立てられる状況になれば死に物狂いで勉強することでしょう。
これほど極端な例でなくても、例えば会社で強制的に受ける試験などを利用するのも手です。

必然性がないのであれば、作ってしまうのも一つの手です。
どういうことかというと、例えば金銭的な投資をすることです。
数万円程度の高額な教材やセミナーを「自分のお金で」申し込んむことで、利用しなければもったいないという気持ちを煽り自分を追い込むのも良い方法です。
難点はもちろん、お金がかかるということですね。

あとは、常に自分の成長が"数値"として見える仕組みを作ることが良いと思います。
例えば英語であればTOEICなどを受験することで、自分の現状が得点という"数値"になってみることが出来ます。
また、定期的に受験することができれば、前回受験したときよりも得点があがったぞ、と自分の成長を確認することもできますね。

勉強における正のスパイラルを作る


資格試験に向けた勉強などではインプット重視の勉強になりがちですが、
過去問や模擬試験を利用することでアウトプットの機会を作り、無理やりにでもインプットとアウトプットの比率を1:1に近づけることが大事です。なぜなら、自分で考えてアウトプットをすることでインプットされた知識が定着しやすくなるからです。

例として、正のスパイラルを私の今勉強している「スタイルシートでのWebデザイン」で紹介してみます。

OUTPUT→自己流のデザインでページを作る
INPUT→本を参考にスタイルシートチュートリアルサイトを作ってみる
OUTPUT→チュートリアルで学んだ情報を自分のページに活用出来る部分を考え、適応させてみる
INPUT→さらに高度な部分や細かな部分でのデザイン技法を学ぶ
OUTPUT→学んだ知識を元にページの細かな部分を作り変えてみる

こんな感じに、OUTPUT→INPUT→OUTPUT→・・・を繰り返すことを習慣化することができれば、かなり効率的な勉強が出来るようになるはずです。
この正のスパイラルを作るときのコツは、最初はアウトプットから始めるということです。
アウトプットから始めることによって、自分が学ぶべき情報や箇所を感覚として掴み取れるからです。

benkyo10bai.jpg
【2009/08/24 01:31】 | ビジネス書
トラックバック(1) |
  • | はてなブックマーク - 無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
  • コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    TOEICİ????????
    2009/08/24(Mon) 15:07:15 |  ?άθ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。