上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトリーディングってなに?


アメリカのポール・R・シーリィって人が開発した、今までの読書とは全く違う読書法のことだよ!

今までの読書ってなに?


「本の最初のページの最初の行から、一字一句ていねいに読んでいく」読み方かな。
みんな小学校から教え込まれたよね。

じゃあフォトリーディングは今までの読書とはどう違うの?


「本に質問を投げかけて、必要な情報を高速で読み取る」読み方って言えばいいかな。
1ページ1秒のペースでページをめくったりして、文書を写真のようにイメージとして頭の中に取り込んだりするのが特徴だよ。

そんな読み方で本当に本の内容がわかるの?


1ページ1秒のペースで見るだけでは本の内容は分からないよ!
右脳の働きを使って、文書をイメージとして処理して潜在意識(*1)に情報を送り込むためなんだ。
潜在意識に送り込んだ情報をアクティベーション(*2)して顕在意識(*3)に引き出すことで理解できるようになるんだよ。

フォトリーディングをするとどんないいことがあるの?


まず一つ目に、本が速く読めるようになることだね。
もちろん習得具合にもよるんだけど、1冊読み終えるまでの時間は今までの半分~1/10くらい速くなるよ!
もし、今1冊読むのに3時間かかるとしたら、速くて18分くらいで読めるようになるね!
空いた時間を他のことに使えたりとか、本をもう1冊読めたりもできるね。

二つ目は、勉強がとってもはかどることかな。
試験勉強のために大量の参考書やテキストを読んだりすると思うんだけど、こんなときにもフォトリーディングは有効だよ。
資格試験のために1科目50時間かかるところを、5時間で終わらせて見事試験に合格したフォトリーダーもいるよ!
新しい脳の使い方をすることで、最小の努力で最大の結果が得られるってことだね。

三つ目は、左脳だけでなく右脳もフル活用すること。
今までの読書だと、基本的には左脳を使って読んでいるから右脳は休んでいることが多いんだよね。
でもフォトリーディングの場合は、イメージとして潜在意識に送り込んだり、それを引き出す作業をしたり、意識的に右脳を使うことが多いんだ。
脳は使えば使うほど鍛えられるから、左脳と同時に右脳を鍛えることにもつながるんだね。

へー。すごいんだね。具体的にはどんな読み方をするの?


大雑把に言うと、
最初に本を読む目的を立てる

高速学習モードに入る

フォトリーディングをする(潜在意識に送り込む)

アクティベーション

高速リーディング

こんな感じだよ。
最初の本を読む目的を立てることが実は肝心なんだ。

フォトリーディングを習得するためにはどうすればいいの?


セミナーを受講したり、後は本を教材にして自分で学んだりかな。
本ならあなたもいままでの10倍速く本が読めるがおすすめだよ!

*1 潜在意識とは
右脳のイメージ処理が得意な部分。判断能力持たないので、与えられたものをそのまま蓄積していく。
*2 アクティベーションとは
フォトリーディングのSTEP4で行う活性化のこと。本のキーワード探しや、休憩をし情報を熟成したりする。
*3 顕在意識とは
左脳が司る判断や識別能力を持つ部分。


追記を閉じる▲

じゃあフォトリーディングは今までの読書とはどう違うの?


「本に質問を投げかけて、必要な情報を高速で読み取る」読み方って言えばいいかな。
1ページ1秒のペースでページをめくったりして、文書を写真のようにイメージとして頭の中に取り込んだりするのが特徴だよ。

そんな読み方で本当に本の内容がわかるの?


1ページ1秒のペースで見るだけでは本の内容は分からないよ!
右脳の働きを使って、文書をイメージとして処理して潜在意識(*1)に情報を送り込むためなんだ。
潜在意識に送り込んだ情報をアクティベーション(*2)して顕在意識(*3)に引き出すことで理解できるようになるんだよ。

フォトリーディングをするとどんないいことがあるの?


まず一つ目に、本が速く読めるようになることだね。
もちろん習得具合にもよるんだけど、1冊読み終えるまでの時間は今までの半分~1/10くらい速くなるよ!
もし、今1冊読むのに3時間かかるとしたら、速くて18分くらいで読めるようになるね!
空いた時間を他のことに使えたりとか、本をもう1冊読めたりもできるね。

二つ目は、勉強がとってもはかどることかな。
試験勉強のために大量の参考書やテキストを読んだりすると思うんだけど、こんなときにもフォトリーディングは有効だよ。
資格試験のために1科目50時間かかるところを、5時間で終わらせて見事試験に合格したフォトリーダーもいるよ!
新しい脳の使い方をすることで、最小の努力で最大の結果が得られるってことだね。

三つ目は、左脳だけでなく右脳もフル活用すること。
今までの読書だと、基本的には左脳を使って読んでいるから右脳は休んでいることが多いんだよね。
でもフォトリーディングの場合は、イメージとして潜在意識に送り込んだり、それを引き出す作業をしたり、意識的に右脳を使うことが多いんだ。
脳は使えば使うほど鍛えられるから、左脳と同時に右脳を鍛えることにもつながるんだね。

へー。すごいんだね。具体的にはどんな読み方をするの?


大雑把に言うと、
最初に本を読む目的を立てる

高速学習モードに入る

フォトリーディングをする(潜在意識に送り込む)

アクティベーション

高速リーディング

こんな感じだよ。
最初の本を読む目的を立てることが実は肝心なんだ。

フォトリーディングを習得するためにはどうすればいいの?


セミナーを受講したり、後は本を教材にして自分で学んだりかな。
本ならあなたもいままでの10倍速く本が読めるがおすすめだよ!

*1 潜在意識とは
右脳のイメージ処理が得意な部分。判断能力持たないので、与えられたものをそのまま蓄積していく。
*2 アクティベーションとは
フォトリーディングのSTEP4で行う活性化のこと。本のキーワード探しや、休憩をし情報を熟成したりする。
*3 顕在意識とは
左脳が司る判断や識別能力を持つ部分。
【2009/08/10 01:53】 | フォトリーディングとは?
トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - フォトリーディングってなに?
  • コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。