上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1063人の収入を60日間で41%アップさせた 人を動かす技術 (世界トップクラスの人だけが知っている!最先端の「コミュニケーションの心理学」)1063人の収入を60日間で41%アップさせた 人を動かす技術 (世界トップクラスの人だけが知っている!最先端の「コミュニケーションの心理学」)
(2009/11/10)
マイケル・ボルダック堀江信宏(訳)

商品詳細を見る

自身が7歳のときに、父親に母親が殺されるという経験のショックから「吃音症」と「対人恐怖症」陥ったものの、自らそれを克服し今では世界トップクラスのコーチとして世界をまたにかけて活躍しているという異例の経歴をもった「マイケル・ボルダック」著の『人を動かす技術』。
タイトルは「人を動かす」となっていますが、この本自体のテーマは「自分・他人とのコミュニケーション能力を身につける」というもの。
「会話が出来ないので,友達も出来ないどころか仕事にもつけない」という、コミュニケーション能力がマイナスの状態から克服してきた著者の発言だけに、本全体を通して説得力があります。
本書内では、ノウハウとしての紹介だけではなく、「実コミュニケーション内でどのように活用していくか?」といった部分を多く解説しており、また、自身を成功に導くための「自己コーチング」についても多く書かれています。
自分なりのポイント・感想は以下折り込みます。
20100123hitougokasu.jpg

★ポイント


★拒絶される恐怖に打ち勝つ方法
成功への秘訣は、たくさん拒絶されることです。
人生では人から拒絶されることはありますが、そのことが相手に感情がないという意味ではありません。
人に拒絶されても愛情を持ち続ければ、そのうちその拒絶が感謝や愛情に変わるので、拒絶されなくなります。これが拒絶に打ち勝つ秘訣なのです。


★心理的抵抗に勝つ方法
コミュニケーションの際に使ってはいけない言葉は、「でも」です。この言葉はウィンウィンの関係を壊します。
最初のステップは、何をいわれようと、同意できなくても、3通りの答え方をしましょう。
①「わかります」
②「尊重します」
③「同意します」


★質問で相手をコントロールする
良い関係を築くためのコツの4番目は、許可を得ることです。相手に質問してもいいかどうか許可を得ることなのです。
「私の質問に答えてもらえますか?本当にお役に立ちたいんです。」
と言えばいいのです。もちろん相手は、いいというでしょう。そうすれば、続けて、訪ねたいと思うどんな質問も、だいたい聞くことができます。


★感想


質問することの大切さを身に染みることが出来る本ですw
自分は人見知りが結構激しいので、学ぶべきところが非常に多かった。
拒絶の恐怖に打ち勝つためにはたくさん拒絶されることを経験する。…と言われても並大抵の人ではそこまで心が折れずに続けられるのかが疑問ですがw
人間関係で悩んでいる人や、本当の自分と向き合いたい人、そして本書のタイトル通り「人を動かす技術」を学びたい人に是非おすすめの一冊です!

おすすめ度: ★★★★☆
実用度: ★★★★★
読みやすさ: ★★★★☆


追記を閉じる▲
スポンサーサイト
【2010/01/23 17:41】 | ビジネス書
トラックバック(0) |
  • | はてなブックマーク - 2ヶ月でコミュニケーションの達人に!『人を動かす技術』
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。